ここでは、歯科医で使用するバキュームという器具の用途について説明します。

水を吸うための機能

歯を削る時や歯石取りの際に、機械が摩擦により高温の熱を持つため、冷却用の水をかけながら行います。その水を吸うためにバキュームという器具が使われます。また、歯の根管を治療するときには、口内で出た唾液が根管内に入らいないように唾液を吸うのにも使用します。

詰め物、被せものなどの治療に使われる歯科用の接着剤は水分に弱く、水蒸気もできるだけ取り除くのが好ましいとされています。バキュームは水だけでなく水蒸気も吸うことができるので、そうした治療にも使われます。

口腔内を傷つけるのを防ぐ

バキュームは、治療中に舌や頬の内側を巻き込んで傷つけないためにも使われます。歯科治療で使われる機械や器具は、ピンセット、針のように尖ったものや、高速で回転するものなど、傷をつけてしまいやすいものが多いです。そうした器具が少し当たるだけで、口の中の柔らかい粘膜が切れてしまったりします。

頬の粘膜や舌をバキュームで引っ張ったり抑えたりして、器具が治療箇所以外に当たるのを防いでいるのです。また口腔内にスペースを作ってライトを当たりやすくし、医師から見やすくする効果もあります。

また、口腔内バキュームだけでなく、口の外で使う口腔外バキュームというものもあります。これも基本的に口腔内バキュームと使い方は同じで、口の外に出てしまった粉塵等を吸い込みます。これにより、細菌や感染症の空気感染をより効果的に防ぐことができるとして、導入する歯科医院も増えてきています。