こちらでは、歯科医院で使用する器具、スリーウェイシリンジについて説明します。

スリーウェイシリンジとは

おそらく一番よく使われる道具と言っても過言ではないのが、スリーウェイシリンジです。歯科医院での治療時に、口に風や水をかけられたことはないでしょうか。それに使われるのがこのスリーウェイシリンジで、水・エアー・スプレーの3つを使い分けることができます。スリーウェイという名称はここからきています。

「A(air=エアー)」と「W(water=水)」という2つのレバーがあり、エアーと水を出したい時に適切なレバーを押します。2つ同時に押す水とエアーの混合であるスプレーを出すことができます。

なぜ水や空気をかけるのか

歯の治療中は、削った歯の粉塵や唾液、水などで治療する部位が見えにくくなることがあります。そうした異物をスリーウェイシリンジのスプレーで洗浄したり、エアーで乾燥させ、歯科医から治療箇所を見えやすくします。また知覚過敏などしみる部分を風を当てて探すのにも使われます。

その他の補助としても有効

基本的に、治療台には歯科医が使う側と歯科助手が使う側で2個のスリーウェイシリンジがついています。歯科助手は、医師のミラーが汚れたり、呼吸で曇ってしまったりした時は水やスプレーなどで洗浄して医師が視界を確保したり、ミラーを使いやすいように補助を行います。

このように、さまざまな場面で使うことのできるスリーウェイシリンジは、歯科治療には欠かせない補助器具なのです。